販売促進成功のコツ

販売促進を成功させるには大切なポイントがあります!

絶対に抑えなければならない5つのポイント

POINT.1
ゴールを明確にする

 

販売促進品を作製する前に、まず最初に考えなければならないのが今回のプロジェクトの「ゴールを明確にする」ことです。

配布するプレゼントを作製したことに満足して、「何のために配布するのか」という点を見失っているケースが多くみられます。

日頃の感謝の気持ちを伝えるためだけに作る、お客様にリピーターになってもらいたいなど「集客」の目的配る、など、しっかりとしたゴールを設定することでラベルの作り方、キャンドルの種類、かける費用など全く違うものになってきます。

 

 

POINT.2
ターゲットを明確にする

ターゲットを絞る

 

ゴールの設定を明確にしたあとは「ターゲットを明確」にしていきます。

タレントさんならファン層、アパレル系ならば若い女性、ジュエリーショップならシルバー層、ディーラーのような予算の高い商品を扱っているならば主婦層など、ターゲットによって効果的なキャンドルが存在します。

ターゲットを理解し、配布される側の目線で捉えていくことが大切です。ルシエルでは幅広い層の生徒さん、お客様と一緒に歩んできた経験を活かし、適切なアドバイスをすることが可能です。

 

 

POINT.3
伝えることを絞り込む

 

あれも伝えたい、これも伝えたいでは効果的な販促品を作製することはできません。

ラベルやパッケージといった限られたスペースをいかに有効に使うかが大切なポイントとなります。

「ハンバーグもあります、ラーメンもあります、スイーツもあります」という広告より「ハンバーグ専門店です」と1つに絞った広告の方が集客率が高い広告となります。

 

 

POINT.4
印象に残すテクニック

印象に残る演出

 

ラベルや箱の作り方も多少のテクニックがあります。

例えば、右のような色相環の反対側にある色を「補色」と言い、互いの色が引き立つ効果があります。写真のように青空(青)にヒマワリ(黄)が「美しい」と感じたり「印象に残る」のは「補色」の効果が大きいと言えるかもしれません。

どんなラベル、どんなキャンドルにするかなどのご相談もルシエルにお任せください。

 

 

POINT.5
捨てられない (保管してもらう)

大切に保管してもらう

 

販促品である以上、キャンドルは立派な広告です。

広告は捨てられてしまっては全く意味がありません。

ここで一点だけ胸を張って言えることがあります。

紙広告などと違い「キャンドルは捨てられにくい」という点です。

しかし、それでも捨てられるリスクはゼロではありません。そのため、少しでも捨てられるリスクを軽減させるために上記のようなターゲット、印象といった点を真剣に考える必要があります。

ルシエルは販促品作製をしっかりとサポートさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

販売促進コンサルティング

販売促進コンサルティング

ルシエルは販売促進用キャンドルを作製するうえで、発注者様の満足度より優先して考えている点があります。

それは、キャンドルを受け取ることになる、発注者様から見たお客様の目線です。

お仕事である以上、発注者様のご希望に沿うことはとても大切なことですが、せっかくなら受け取る方が笑顔になるような販促品であってほしいと考えています。

そして、この考え方こそが発注者様に最も満足していただき、最も効果のある販促品になると信じています。

ルシエルでキャンドルを購入されたお客様、ルシエルのキャンドル教室にお越しいただいた生徒さん、こういった蓄積した経験が、どういったキャンドルがどういった方に喜ばれるかを熟知する財産となりました。

お客様のご希望があれば販促についての提案をさせていただきます。

キャンドルのサンプルはこちらからダウンロードいただけます
page top
東京都国分寺市のキャンドル専門店LeCiel

 【企業様向け】

OEM

販促成功のコツ

過去のご依頼例

 【個人様向け】

オリジナルオーダー

ウェディングプラン

過去のご依頼例

 【キャンドル関連】

キャンドル教室

販売

Le Ciel Blog

Le Ciel Facebook

Le Ciel Instagram

Copyright(c) 2013 キャンドル専門店 Le Ciel Candle All rights reserved. camomaillecamonavi